コロナウイルス性腸炎とその予防について

愛犬がかかるおそれのある病気としては、狂犬病・ジステンパー・フィラリアなどいくつもありますが、今回は「コロナウイルス腸炎」という病気についてご説明をします。

まず、コロナウイルス性腸炎の症状についてですが、症状としては、下痢・食欲がない・脱水症状・吐嘔などの症状が見られます。このコロナウイルス腸炎の症状は、パルボウィルス感染症(ウイルス性の出血性腸炎)によく似ています。なお、コロナウイルス性腸炎の発症までの期間(潜伏期間)は、ウイルスが体内に入ってから数日間です。

では次に、発症の原因についてですが、コロナウイルス性腸炎は、「イヌコロナウイルス」というウイルスに感染することが、その原因となって発症します。感染経路としては、コロナウイルス性腸炎に感染している犬から感染しますが、これは、口や鼻がコロナウイルス性腸炎に感染したほかの犬の糞便や嘔吐物に触れることにより、これが原因となって感染してしまいます。このコロナウイルス性腸炎は簡単に感染しやすく、先に述べた「パルボウイルス」と混合して感染してしまうと、致命傷にもなりかねませんので注意が必要です。

最後に、コロナウイルス性腸炎の治療、そして予防の対処法について説明致します。コロナウイルス性腸炎の治療の処置としては、まずその症状を抑えるために、嘔吐、下痢を抑える薬が投与され、脱水症状を改善する処置が取られます。そして、保温と安静を心がけ、ストレスを与えないように対症療法が行なわれます。

コロナウイルス性腸炎の予防のために重要なことは、ワクチン摂取をすることだとされています。コロナウイルス性腸炎は感染力が強いのが特徴とされているので、やはり日頃から衛生管理をしっかりし、不用意にほかの犬と交わらせることのないなど、常日頃の愛犬への心配りが大切でしょう。
posted by ペット大好き at 11:07 | 犬の病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。